カナダオリンピックの選手は理解を分かち合います:80 %の積極性のランニングを持っています-瀬名アスカ

Home / カナダオリンピックの選手は理解を分かち合います:80 %の積極性のランニングを持っています-瀬名アスカ

カナダオリンピックの選手は、8月27日に8月27日、今年のリオオリンピックはすでにカナダの走る者としてのオリンピック大会の試合で、2時間12分29秒の成績で10位を獲得しました。この成績は1976年にあったです。今、エリック-吉リスはオンタリオの家に戻ったが、妻と子供と一緒に分かち合いました、彼の3番目のオリンピックの旅のいくつか悟る。「自分が前の10位に入るのを楽しみにしていましたが、最後までやりました。」エリック-吉リスは、「主な原因を高めたいと思っロンドンで22位の成績。オリンピック村の雰囲気はとても良くて、私の仲間と一緒にリオに行ってすべての感じをすべて正常にさせます。これは私が初めて南アメリカ大陸に行く国で、新しい国に行くのはいつも面白いです。」選手村が男子マラソンの起点から離れているため、エリックと自分のチームメイトのリードは試合開始前の夜に競技場の近くにある旅館に住んでいて、そこでブラジルサッカー優勝の影響を見ることができます。「私にとって、それは私のリオの現地の経験です。。多くの人が集まっている80000お祝いは、リードを配布カナダピン。」エリック-吉は。「私は自分を見ることができる成長と場所。36年かかってやっとこの点を見た。」自分のキャリアを振り返り、エリックは、あらゆる選手にとって、どのように保持に従事したプロジェクトは学問、エリックから見れば、最高の心理テクニックは80%の積極性を持って、ジョギングをすること。積極的な状態を得るためには、よくコーヒーを飲んだり、好きな音楽を聴いたりするのが専門的な表現です。彼の専門化は試合の過程の中でも体現していて、リオオリンピックの試合前の半段で、エリックはずっと仲間の後ろにいて、10キロの時に彼は第71位に並んでいた。しかし頼っては後半の加速の豊かな体力、エリック実現した反超。  (Alse)

加拿大奥运选手分享感悟:带着80%的积极性跑步-搜狐体育     北京时间8月27日,今年的里约奥运会已经是加拿大跑者埃里克-吉利斯第三次征战奥运会的比赛了,以2小时12分29秒的成绩获得了第10名,这个成绩仅次于1976年杰罗姆-德雷顿创造的第6名,创造了1976年以来加拿大人在奥运会马拉松比赛当中的最好表现。如今,埃里克-吉利斯回到了位于安大略的家,和妻子和2个孩子在一起,分享了他第三次奥运之旅的一些感悟。   “我期待自己能够跑进前十位,最终我做到了。”埃里克-吉利斯说,“主要是因为我想提高在伦敦第22名的成绩。奥运村的气氛很好,和我的伙伴一起去里约让一切感觉都那么正常。这是我第一次去南美洲的国家,去一个新国家总是很有趣。”   因为运动员村远离男子马拉松的起点,埃里克和自己的队友里德在比赛开始之前一晚就住在比赛场地附近的旅馆,在那里能近距离看到巴西足球夺冠的影响。“对我来说,那是我的里约当地经验。80000多人聚在一起庆祝,里德还派发了加拿大别针。”埃里克-吉利斯说。   “我可以看到自己成长和成熟的地方。我花了36年才看到这点。”回顾自己的职业生涯,埃里克说,对于任何一个运动员而言,如何保持对于所从事的项目是一个学问,在埃里克看来,最好的心理技巧是带着80%的积极性去跑步。为了获得积极状态,他经常会喝杯咖啡,听最喜欢的音乐,这都是比较专业化的表现。   他的专业化在比赛过程当中也得到了体现,在里约奥运会的比赛前半段,埃里克一直在领跑集团身后,10公里的时候他只排在第71名,半程过后是第47名。但是依靠着在后半程的加速的丰沛的体能,埃里克实现了反超。   (Alse)相关的主题文章: